政策提言 of 偕行社

政策提言

政策提言は偕行社の目的のひとつ
 新定款第3条(目的)のひとつに「安全保障及び国際平和協力活動に関する研究と提言」を盛り込んでいる。この目的を達成するため、新公益法人認可後、偕行社はこれまでの安全保障問題特別委員会から「安全保障委員会」という常置委員会に事実上格上げし、「安全保障及び国際平和協力活動に関する研究と提言に関する事項を掌る。」と所掌事項を定める予定である。

これまでの活動
 安全保障問題特別委員会(委員長:冨澤暉、防衛大学校#4、東洋学園大学客員講師、元陸上幕僚長)は、「新公益法人として国家戦略に寄与する政策提言ができる素地を固めるため、我が国の安全保障に関する諸問題及び国際平和協力活動について、研究及び普及啓発を実施することとし、特別委員会の設置を平成20年2月14日の理事会において決議、第1回安全保障講座を20年5月27日に実施して以来、2月の防衛問題シンポジウムまで11回の講座を地道に重ねてきた。

今年度の予定
 平成22年度は第12回口座(4月27日)を皮切りに隔月実施し、平成23年2月23日には「防衛問題に関するシンポジウム(細部未定)」を予定している。今年度は新防衛大綱の策定や新中期防衛力整備計画の策定という防衛・安全保障における大きな節目の年であり、有識者等の政策提言とともに直接防衛に携わった会員等においても軍事的、安全保障戦略の専門的な見地から我が国の基本的な課題について研究し、必要な提言を行っていく所存である。
 特に会員各位には隔月実施の安全保障講座に奮ってご参加頂き、ご意見を賜りたくお願い申し上げます。

提言 1


提言 2 

提言 3